看護師

うつのチェックをしませんか|あなたの心に潜む病魔

  1. ホーム
  2. うつの種類とチェック

うつの種類とチェック

ドクター

うつの症状から自己チェック

落ち込みが2週間以上続くうつですが、真面目で几帳面な性格の人に多く正確で綿密に仕事をして周囲からは信頼されますが、常に高い水準を求め計画通りにしないと気がすまない傾向から、大きなストレスを抱えやすく発症しやすいとされていますが、きちんと治療に取り組むことで改善されやすいとされています。うつは自分が気づいていなかったり、病院に行くのをためらい一人で悩んでいる人も多く、適切に治療を受けている人はわずかしかいないのが現状です。うつのチェック項目としては落ち込み以外でも食欲の低下や増加、または何を食べても味がしない。砂を噛むような感じがするという人もいます。また、多くの人が不眠を訴えています。寝てもすぐに目が覚めるとか、逆に眠り過ぎる人も稀にいるようです。その他、落ち込む原因が解消されたりいいことがあっても、気分がまったく晴れないなどの症状があります。楽しさを感じられないだけでなく「悲しい」「つらい」などの感情すらなくなる虚無感を何とかしたいと焦る患者さんも多いようです。また、重くなるにつれて引きこもりがちになってしまうなどがあげられます。うつの現れかたには心の症状だけでなく、めまいや肩こり、吐き気などの身体的な症状もあります。ストレスから身体的な症状が現れるような場合もうつのチェックの目安のひとつになるでしょう。うつには抑うつ気分が続く典型的なものの他に、その反対のそう状態の両極端を合わせもつ「双極性障害」もあります。双極性障害は気分の波を薬で抑える治療が中心です。気分が改善されたように感じてもまた悪化する可能性もあるので、再発防止の為にも医師の指示に従うことが大切です。まずは自己チェックをしてみて、思いあたる症状があるようなら一度病院で診断してもらうほうが良いでしょう。うつの診察を受けることに抵抗があるようなら、一度カウンセリングに相談するのもひとつの手です。今は心療内科などに行かなくても、電話などでも相談に乗ってくれるところもありますので、まずは電話でも専門家のアドバイスを受けて適切な対処法を行うことで改善されていきます。そのうちによくなるだろうと思いがちですが、放置することで悪化すると命に関わる場合もあるのが「うつ」という病気です。なるべく早めに専門家へ相談して対処しましょう。自分でチェックした結果、症状が改善されたように思えても一進一退を繰り返す特長がありますので、半年、一年と長期スパンでの治療が大切になっていきますので、焦らずにゆっくり改善していきましょう。