看護師

うつのチェックをしませんか|あなたの心に潜む病魔

  1. ホーム
  2. うつについて知ろう

うつについて知ろう

婦人

うつを正しく理解すること

うつを回復させるためには、うつに対する知識を深め正しく理解し治療することです。知識がないと、心と体がうつ病のサインを出しているのに、気づかなかったりちょっとした体の不調と思って見逃してしまったりする可能性があるからです。症状を悪化させる前に治療を開始することが、治療期間を長引かせずにすんだり再発率を下げることにつながります。でもだからといって、うつの場合熱が出たり喉が腫れるというようなはっきり区別できる症状が現れるわけではないので、多くの人が心療内科や精神科に行くのに二の足を踏みます。受診する前に自宅でセルフチェックしてみましょう。これが完全な結果を表すものでは決してありませんが受診すべきかの判断材料にすることができます。またもし受診することになった時医師に見せることができます。チェック項目は心のサインと体のサインに現れます。大体どちらにも症状が現れますがこれも絶対とは言えません。まずは精神症状つまり心に現れる症状のチェックです。感情の障害として、最近気が沈んだり重くなったりする、朝のうち無気であるまた自分がだれの役にも立たず自分の人生はつまらないと感じるが挙げられます。意欲や行動の障害としては、体がだるく疲れやすいとか仕事の能率が上がらず何もするのも億劫である、以前楽しめていたことが楽しめないこれは趣味に対しても意欲が失われ興味が関心がわかなくなることもあります。思考の障害に関しては簡単な決定ができなくなることや、テレビや本などの活字が頭に入ってこないまた絶えずネガティブに考え自分を責め自分を過小評価してしまいます。体に現れるサインについては、頭痛肩こりやめまいなどや動悸、食欲の低下や疲れやすさまた体重の減少などがあります。また他のチェック法として睡眠障害かどうかです。寝つきが悪くなったとか眠りが浅く夜中に何度も目が覚めそのまま寝れないことなどです。これらは体と心があなたに発しているSOSです。ストレスの多い現代社会でうつ病の症状に悩む人は増えているのに治療をきちんと受けている人は多くありません。心と体の声にしっかり耳を傾け適切な治療を受けましょう。うつはただの心の強さ弱さというような問題ではありません。脳内環境がバランスを崩してしまっているので、薬の力を借りてその状態を正常に戻してあげなければ症状は改善しません。うつの回復に大切なのは、充分の休養と薬の服用そして周囲のサポートです。まず自分でできることはセルフチェックをしてもし当てはまるな診察を受けることです。