看護師

うつのチェックをしませんか|あなたの心に潜む病魔

  1. ホーム
  2. うつのセルフチェック

うつのセルフチェック

男性

うつかどうかセルフチェック

日本ではうつ病の4人に3人は治療を受けていないと言われています。うつ病は放っておくと徐々に悪化します。はじめの頃はさほど重症でもないので、疲れているだけとか時間が経てば治る、または自分の思い過ごしだと考えて診療を受けようとしないのです。でも、すでにあなたの身体と心はサインを出しているのです。自分にしっかり向き合い、身体の声心の声を聞いてあげましょう。もしかしてうつかなと思ったら、まずは自分でセルフチェックしてみましょう。体の疲れが取れずにだるさが続いたり、なんだか気持ちが落ち込んでしまう場合は結構なストレスが溜まっている証拠です。また、肩や首が凝りやすい方や理由もないのに動悸がするときは早めに病院へ行くようにしましょう。そのままの状態を放置しておくと、うつの症状が重くなってしまいますので気をつけましょう。うつ病になる方の性格としては、真面目で几帳面な性格をしている人ほどうつになりやすいと言われています。また、何か嫌なことがあったときに自分を攻めてしまう方もうつになりやすい傾向を持っていると言われています。ですので、自分の限界が来る前に定期的に趣味や人と話すことでストレスを発散するようにしましょう。上記で上げた性格の方が絶対うつになりやすいということではないので、うつになりやすい傾向の正確でない方も自分のストレス度をチェックして病気を未然に防ぐようにしましょう。このようなストレスを感じる気持ちが原因解決と共に消えれば問題ないのですが、うつ病の場合は強い憂鬱感が1週間2週間と続いたりします。そして気分の落ち込みがだんだんと外出がおっくうになったり、仕事が手につかなくなったらします。もしセルフチェックで心配のある人は、医療機関を受診してみてください。厄介なのは、うつ病に関してはまだまだ分かっていないことがたくさんあるということです。その一つが原因です。遺伝的要因、環境要因や身体的要因が関係しています。幼いころのトラウマや自分を取り巻く環境によってもうつになる原因となるものがあります。心に大きなショックが残ると、それが解消できないストレスとなって心に残ってしまうためだんだんとうつの症状を引き起こしてしまうのです。うつの症状は精神的なものが大きいですが、身体的な原因もあります。生活が規則正しくないと、自律神経が乱れてしまい憂鬱な気分が続いてしまうのです。身体ともに健康でいることによって、考え方をポジティブにすることができ、毎日元気よく活動することができます。しかし、うつは自分ではっきり見極めるのは難しいので、少しでも心配なことがあればまずは専門の医師に気軽に相談してみましょう。