看護師

うつのチェックをしませんか|あなたの心に潜む病魔

  1. ホーム
  2. うつかどうかチェック

うつかどうかチェック

病院

うつは体に出る

うつかどうかの重要なチェック項目に、寝付けない、眠れないという症状や、わけもなく悲しい気持ちや涙が出る、食欲がわかなくなるというようなことなどが二週間以上続いているかというのがあります。また、うつは体がだるく感じることも特徴で、大切な用事や仕事があるにも関わらずどうしても寝床から出られないほどツラいようになる人はうつの患者に多くいます。本来楽しいことが楽しく感じられなくなってしまうという症状も、見のがせないチェックポイントです。大好きな音楽を聴いても嬉しくない、気持ちが前向きにならない、盛り上がらないという症状です。また、友だちや恋人にすら会いたいと思わなくなったり、または会うのが面倒に感じるということも特徴です。つまり、本人にとって本来喜びであるはずのことが喜べない状況です。これらは、脳内物質のセロトニンというものが減っていることでおこります。セロトニンはストレスや過労で減りやすく、減ると脳内で本来の感情を上手く伝達できなくなりやすく、こういった厄介なツラい症状になるとされています。眠りに関しては、なんとか寝付けたとしても、途中覚醒というすぐに目が覚めてしまい疲れがとれない状態が、やはり二週間以上続くと、うつかどうか本格的にチェックした方がいいと言われています。眠りがきちんととれないと体や脳の疲れが取れず、それが続くことによりさらにうつになりやすかったりすでにうつの場合は悪化しやすいので、これらのチェックポイントにいくつも当てはまる場合は、なるべく早く専門医にかかることがすすめられます。軽度のうちであれば、楽しいことを増やしたりきちんと休息を取るなどで悪化を防げることもあります。食欲が減るので痩せる人も多い病気です。また、性欲も減るとされています。もちろん、自分を責める気持ちが続いて死すら願ってしまうであるとか、消えたい衝動にかられるなどはうつの可能性がありますので、それ以上無理をしない方が良いです。これらの症状は、分かりやすい目に見えるものは少ないので、他者から怠けとの誤解を受けることもありますが、自分をチェックしてみて当てはまっていたら、怠けではなくれっきとした病気の可能性が高いですから、病院で診断をしてもらい、場合によっては診断書などを書いてもらえば、他者にも説明がしやすくなることもあります。二週間という目安は、病気でなく一時的な憂鬱であれば症状が二週間以内に終わることが多いからです。個人差はありますが、現在の判断基準として使われています。