医者

うつのチェックをしませんか|あなたの心に潜む病魔

うつの種類とチェック

ドクター

うつになると、精神的に不安定になり、気分の落ち込みの他、不眠などになることもあります。また、うつにも種類があるので、適した治療は何なのかをチェックして覚えておくとタメになることもあるはずですよ。

うつのセルフチェック

男性

うつ病は特別な病気でも恥ずかしい病気でもありません。誰にでもかかる可能性のある病気です。それに本人を含め周りの人たちがチェックし気付き、きちんと治療することで回復できるのです。

うつについて知ろう

婦人

うつ病は自分の精神状態によって症状が異なってきます。ですので、安易に考えて放置してしまうと症状が悪化してしまいます。うつ予防するためにも、うつ病のセルフチェックを行うと安心ですよ。

うつ病のチェックポイント

女性

うつではないかと感じたら

正式な診断は医師でなければできませんが、うつ病であるかどうかを自分自身で疑った場合、あるいは親しい人の様子が変化した場合には、いくつかのポイントに絞ってチェックしてみましょう。当てはまる項目が多ければうつ病の可能性が高くなります。適切な治療によって改善していきますので、その場合には必ず心療内科の受診をお勧めします。まずはセルフチェックについてポイントを知っておきましょう。重要な項目は睡眠と気分の落ち込み、趣味趣向の変化についてです。睡眠にうまく入ることができないというケースは、それほど珍しいことではありません。どのような人でも考え事があったり悩んでいることがあったりする場合には、眠れなくなることもあります。しかしうつ病の症状が強くなっていると、不眠の症状が何日も続くことが見られます。寝ようとしても寝られない夜が1週間以上も継続しており、日中に眠気が生じてしまい仕事や学業に支障が出始めたらうつ病のサインである可能性が高いと見ることができます。気持ちの沈み込みからの回復が遅いことも一つのチェック項目となります。失敗をしてしまったり、思い通りにいかずに悔しい結果になったりと、気持ちが落ち込んでしまうというシチュエーションはよくあります。そのことをすぐに切り替えて気分転換を行い、上手くストレスを発散してまた次に繋げるという前向きなパワーに変えていくことができれば心配はありませんが、暗い気持ちが長期間晴れずにいつまでも悲観的な考え方を繰り返すということが数日間も継続している場合には、うつ病の前兆である可能性が高いと考えられます。気持ちの切り替えがうまく行かなくなったと感じるかどうかがチェックポイントと言えるでしょう。これまで好きだった趣味に興味がもてなくなり意欲が減退したときも要注意です。急に興味の対象が魅力的に思えなくなってしまうことは、うつ病の特徴によく見られる症状ですので、医師に相談することがおすすめです。一方で、周囲の親しい人の様子を見てうつ病の傾向があるかどうかをチェックすることも必要です。もしも同僚や部下などがいつもでは見られないミスを繰り返すようになったり、身だしなみが急に無頓着になったり、ぼんやりしていることが多かったりすると、大きなストレスを抱えてうつ病におちいっているサインかもしれません。後ろ向きな発言をすることが増えた、辞めたいとか消えたいなどと口走るようになっている場合には、症状の進行が考えられますので、心療内科の受診を勧めてみましょう。あなたの行動が、その人の心の支えになるかもしれません。

うつかどうかチェック

病院

うつは見た目でわからない病気なので、他人から誤解をされることも、本人がずっと気づかないで進行してしまうということもありがちです。単なる憂鬱な気分や、怠けとの違いを理解しチェックすると適切な対処に繋がりやすいです。